ハローワーク 看護師 求人

ハローワーク 看護師 求人@好条件は8割の非公開求人にあり!

ハローワークの看護師の求人の件数は?

ハローワークの看護師の求人件数がどれぐらいあるかご存知でしょうか?

 

ハローワークインターネットサービスで調べてみると、「フルタイム、看護師免許あり」で検索すると、24,968件と表示されます(検索方法は看護婦求人東京.jpがわかりやすいです)。

 

現在、病院は約9,000件、診療所が10万件ほどあります。あと看護師の求人募集をだしているところといえば、治験会社があります。全部の医療機関、企業で看護師の求人をかけているわけではないですが、病院を中心に看護師不足であることは確かなので、全国で10万件前後の求人件数があると推定されるのです。

 

しかし、ハローワークで確認できる求人件数は約2〜3割といったところ。「残りの求人はどこにいったの?」ということになるのですが、実は多くの医療機関さんは、匿名で転職支援会社に求人(=非公開求人)をかけています。だから、公開されている求人件数はごく一部なのです。

 

これは、転職支援会社の求人データを確認してもわかります。どこの転職支援会社も半分以上は非公開求人です。

なぜ非公開求人のほうが多いのか?

医療機関や企業が、ハローワークに看護師の求人を出すのは無料です。だから、看護師を採用しなければいけないとき、とりあえずハローワークへ求人を出すケースが多々あります。

 

しかし、問題があって、ハローワークへ求人を出して応募があると、面接をしないといけません。そうすると、優秀な看護師を雇いたいと思って、好条件の求人をハローワークを出すと、応募が殺到して、面接の対応だけで、他の仕事ができなくなってしまうケースが多々あります。

 

一方、転職支援会社にこっそりと匿名で求人を依頼しておくと、ある程度、条件を絞り込んだ看護師と面接になるので、採用する側からすると非常に楽です。しかも、転職支援会社には採用が決定したときに、手数料を払うだけなので、依頼するだけならノーリスクです。

 

そのため、好条件の求人は、ハローワークではなく、転職支援会社の非公開求人に流れやすくなっているのです。

転職支援会社はどこでもよい!

こういうお話をすると、「転職支援会社はどこがよいですか?教えてください!」と言われるのですが、正直、どこに登録しても、それほど大差ありません。

 

3社に登録したら、3社とも同じ病院を紹介してきたなんてことは、ざらにあります。

 

 

ただ、転職支援会社は必ず利用したほうが有利です。先ほどからお伝えしているように、非公開求人の方が公開求人よりも多いという点、自分で1件ずつ求人情報を探さなくてよい点、聞きにくい勤務条件や給与交渉を代行してくれる点で、メリットが大きいからです。

 

また、転職支援会社に登録するのは無料です。リスクといえば、登録作業にかかる時間と、登録したあとにかかかってくる電話対応の時間ぐらいです。合計で1時間もかかりません。

 

こう考えると、転職支援会社は利用するべき、だけど、どこでもよいという結論になってしまうんですよね。

 

 

とはいっても、判断基準がないと、どう選んでよいのかわからないと思いますので、自分ならこの点を注目して選ぶということを書いておきます。

 

転職支援会社を選ぶポイント
転職祝い金はもらえるか?

どこも似たような感じなら、転職祝い金をもらえるところで転職した方が得ですよね。

自分が転職しようと考えている地域は対応エリアか?

首都圏のみとか、関西エリアのみという転職支援会社さん結構多いです。

個人情報を差し出して悪用されなさそうな会社か?

悪用されたという話はあまり聞かないですけど、登録して次の日から変な営業の電話がかかってきたら嫌ですよね。

 

で、上の条件から考えてみて、今のところ一番のおすすめは、ナースではたらこです。

 

利用者の満足度がオリコンランク1位で、転職祝い金最大で30万円くれます。
逆指名方式といって、自分が希望する病院を言えば、全国どこの病院でも勤務条件の交渉も行ってくれるそうです。

 

詳しくはサイトを確認してみてください。

 

ディップはたらこねっと

こちら>>「医療」ナースではたらこ

ホーム